web/templates/pc/cancer/cancer.htmlがん保険・特定疾病保険おすすめ人気ランキング【2024年6月版】

くらべる保険なびの提携代理店(日本生命グループ)の販売実績に基づき、おすすめ・人気の商品をランキング形式で公開!
保険料を計算する
PR
月払保険料1,380
保険期間
終身
診断一時金
がん一時給付金額:100万円
がんと診断確定されたときにまとまった一時金で保障
がんの入院や所定の通院による治療を月ごとの給付金でサポート( 保険契約の型:Ⅱ型・Ⅲ型の場合)

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、保険契約の型:Ⅰ型、がん一時給付金額:100万円」の場合

代HS-23-619-430(2024.3)

1

月払保険料2,025
保険期間
終身
診断一時金
がん診断給付金(がん診断給付特約):1回につき50万円
がん予防・早期発見・万が一の保障・治療後のケアまでトータルにサポートするがん保険です。
がんに備えて、ひとりひとりに適したプランを設計します。募集人との対面でのお申込みに限ります。

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、がん治療給付型、がん治療給付金:10万円、 自由診療抗がん剤・ホルモン剤治療給付金:20万円、 自由診療乳房再建給付金:10万円 、がん診断給付特約50万円付加、非喫煙者保険料率適用、口座振替扱」の場合。(2024年1月時点)

HL-P-B1-23-01103 (使用期限:2025.3.31)

2

月払保険料728
保険期間
終身
診断一時金
がん診断給付金:50万円
多様化するがん治療に対応できる保障をお選びいただけます!
治療の選択肢を増やせる幅広い保障!主契約・特約・特則すべて上皮内がんも保障します!※組み合わせには一定の制限があります。

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、がん診断給付金:50万円、非喫煙者保険料率適用」の場合

(登)B23N1315(2024.1.12)

3

月払保険料2,090
保険期間
終身
診断一時金
1回につき50万円(がん診断特約(23)(Ⅰ型))
がんの3大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)は主契約で保障!(Ⅱ型の場合。Ⅰ型の場合は手術保障なし。)
がん診断特約(23)を選択された場合、1年に1回を限度に、一時金を何度でもお受け取りいただけます。2回目以後は再発・転移も対象!

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、主契約(Ⅰ型)抗がん剤治療給付金:1か月につき10万円、自由診療抗がん剤治療給付金 :1か月につき20万円、がん放射線治療給付金:1回につき10万円、がん診断特約(23)(Ⅰ型):1回につき50万円、がん保険料払込免除特約付加」の場合

HP-M370-794-24028538(2024.02.13)

4

月払保険料1,465
保険期間
終身
診断一時金
特定3大疾病一時金:1回につき50万円
特定3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)にまとまった一時金で備える保険
一時金は180日に1回を限度に、何度でも受け取れる!(特定3大疾病1型の場合)

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、特定3大疾病一時金保険:特定3大疾病1型50万円、優良区分料率、特定3大疾病保険料払込免除特則:非適用」の場合

N-B-23-0350(231204)

5

月払保険料2,172
保険期間
終身
診断一時金
がん一時給付金・心疾患一時給付金・脳血管疾患一時給付金:100万円
(給付金ごとに支払い)
がん(上皮内がんを含む)・心疾患・脳血管疾患の治療などにかかる費用をまとまった一時金でサポート
所定の要件に該当する度に、主契約の給付金を何度でもお支払い(1年に1回を限度)

試算条件:「保険期間・保険料払込期間:終身、三大疾病一時給付金額:100万円、非喫煙者保険料率適用」の場合

B24N1032(2024.5.16)
  • 調査概要:提携代理店の販売実績を集計(ライフプラザパートナーズ / ほけんの相談ショップ / ほけんの110番)
  • 集計期間: 2024年3月〜 2024年5月
くらべる保険なびサイトオープンキャンペーン 資料請求または保険相談でハーゲンダッツ ミニカップが全員もらえる!申込締切6/30(日)まで!詳細はこちら

保険選びにお悩みの方

かんたん保険提案
⾃分におすすめの保険を知りたい⽅
簡単な質問にお答えいただくだけで、あなたにあった保険をご提案します。

無料保険相談

悩む前に!
ベストな保険選びの
最短ルート
保険選び・⾒直しのお悩み、詳細な⾒積りの作成は、
お気軽に保険のプロにご相談・依頼ください。
こんな⽅はぜひご相談を!
⾃分にあった保険・保障を知りたい
詳しい商品説明を聞きたい
今入っている保険も一緒に相談したい
無料
保険相談の詳細はこちら

がん保険について知る

がん保険とは

がん保険とは、高額になりがちな「がん治療」の保障に特化した保険です。病気の治療費に備えるための保険なので、医療保険の一種(広い意味での医療保険)といえます。また、最近はがんだけでなく、急性心筋梗塞や脳卒中も加えた三大疾病の治療費が保障される保険や、もっと広く8大疾病の治療に備える保険もあり、それらの生活習慣病等に備える保険も、がん保険と一緒に比較されることが多くなってきています。

がん保険の保障

がん保険は、がんと診断されたときやがんで入院・手術をしたり所定の治療を受けたりしたときの医療費を保障する保険です。診断時の一時金や入院給付金、手術給付金をはじめ、がんの治療内容に応じた保障をセットできます。

■がん保険の主な保障内容
診断給付金(一時金)がんと診断されたときに一時金が支払われます。商品により、初めてがんと診断されたときに1回だけ給付されるものと、所定の期間経過後等の条件をみたせば複数回給付されるものがあります。また上皮内新生物(上皮内がん)でも保障する商品としない商品があります。
入院給付金がんの治療のために入院した場合に、入院日額いくらという形で給付されます。がん保険の入院給付金は支払日数無制限となっています。
手術給付金がんの手術を受けた場合に支払われます。一般的に放射線治療も手術に含まれます。
通院給付金がん治療のための通院について、1日につきいくらという形で支払われます。対象となる通院は各商品により規定があり、入院前または後の所定の期間内の通院、抗がん剤治療や放射線治療のための通院などさまざまです。
治療給付金商品により違いがありますが、所定のがん治療を受けた場合に月額いくらとか1回につきいくらという形で給付されます。抗がん剤治療給付金、放射線治療給付金などが代表的です。
がん先進医療給付金がんの治療のために所定の先進医療を受けた場合に、その技術料が保障されます。
その他緩和ケアに対する保障やがんと診断されるとその後の保険料が免除となる特約などがあります。
がん保険の待ち期間

なお、がん保険には待ち期間があり、加入後、責任開始日から90日(あるいは3ヵ月)以内に診断されたがんは保障の対象外となります。つまり、保障は待ち期間が終了してから始まります。

がん保険の待ち期間の図

がん保険の選び方

がん保険は、がん治療の進歩にともない保障内容が変化してきていて、いくつかのタイプに分かれています。どんな治療を視野にいれるかによって、加入するがん保険のタイプや保障内容を選ぶとよいでしょう。


どんな保障を重視するかでまず商品のタイプを選ぶ

がん保険のさまざまな保障のうち、どのような保障を重視するかということで、どのタイプの保険を選ぶか絞り込みます。

■がん保険のタイプ
バランスタイプ診断一時金、入院、手術、通院や放射線治療など、がん治療にかかわる保障を万遍なくそろえている保険です。どんながんになってどんな治療を受けることになるかわからないので、いろいろな保障を一通りそろえておきたいならこのタイプがよいでしょう。
一時金重視タイプがん保障のなかでも診断給付金を主契約にしたタイプの保険です。どんな治療を受けることになるかわからないですし、将来がんの治療方法が変わっていくかもしれません。それなら、がんになったときにまとまったお金を受け取って、どんな治療費にも使えたほうがよいと思うならこのタイプがよいでしょう。特約で入院や手術の保障も追加できます。
治療費重視タイプ放射線、抗がん剤、ホルモン剤などの治療給付金が主契約となる保険です。診断給付金や入院、手術などの特約をつけてバランスタイプにもできますし、抗がん剤治療などの保障が手薄な古いタイプのがん保険に入っている人が、既存の保険をいかしたまま、追加で加入するといった入り方もあります。
がん保険を選ぶときの5つのポイント

どのタイプのがん保険に入るかを決めて実際に商品選びをするとき、あるいは必要な保障を選択するときは、以下5つのポイントを参考に選ぶとよいでしょう。

<ポイント①>診断給付金(一時金)が出る回数と条件は?

がんは一度治療をしても再発する可能性があります。そのため、診断給付金は一度受け取ったら保障がなくなってしまうものではなく、複数回受け取れるものが必要です。また、あわせて2回目以降の給付条件の内容を確認して、できるだけ条件のよいものを選ぶとよいでしょう。

<ポイント②>長期の通院治療に備えられるか?

がんになると、抗がん剤治療や放射線治療を通院で行うということもあります。またその場合、治療期間も数ヵ月~1年以上と長くなることがあります。治療給付金または診断給付金などで、このようなケースに備えることができるか、しっかりと確認することが重要です。

<ポイント③>保障は一生続くか?

がんは60歳以降、高齢になるほど罹患率があがります。したがって、がんに備えるなら高齢になっても保険が続く必要があります。定期タイプのがん保険を更新し続けてもよいですが、その場合、保険料が高くなっていきますので、一生涯入り続けるなら終身タイプの保険に入っておいた方がよいでしょう。

<ポイント④>先進医療特約をつけるか?

がんの先進医療には、治療費が200~300万円するものがあります。正直、適用されることは稀ですが、先進医療特約の保険料は安いので万が一のときのことを考えるとあった方が安心といえるでしょう。ちなみに、先進医療特約については、医療保険に加入していて、そちらで先進医療特約を付加していたら、がん保険にはつけなくても対応できます。二重に加入する必要はありません。

<ポイント⑤>(女性は要注意)上皮内新生物は保障されるか?

初期のがんといわれる上皮内新生物については、商品により、保障されるもの、保障額が削減されるもの、保障されないものとさまざまです。通常は治療もすぐに終わり費用もあまりかからないことが多いですが、女性の場合は注意が必要です。乳がんでは、上皮内新生物に該当するがんの場合でも、乳房再建術や術後の抗がん剤治療・ホルモン剤治療が必要になることがあり、十分な備えがあった方がよいため、上皮内新生物についてもしっかり保障される商品を選んでおくとよいでしょう。

がん保険をまとめて比較
がん保険を比較する

無料保険相談

悩む前に!
ベストな保険選びの
最短ルート
保険選び・⾒直しのお悩み、詳細な⾒積りの作成は、
お気軽に保険のプロにご相談・依頼ください。
こんな⽅はぜひご相談を!
⾃分にあった保険・保障を知りたい
詳しい商品説明を聞きたい
今入っている保険も一緒に相談したい
無料
保険相談の詳細はこちら

人気の保険ランキング

共同募集代理店での販売実績順にランキング

医療

生命

変額

外貨建て

緩和型医療

緩和型生命

医療保険ランキング1位

メディケア生命

新メディフィットA

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

医療保険ランキング2位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

医療保険ランキング3位

はなさく生命

はなさく医療

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

生命保険ランキング1位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

生命保険ランキング2位

はなさく生命

はなさく収入保障

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

生命保険ランキング3位

はなさく生命

はなさく定期

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

アクサ生命

アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンク

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

アクサ生命

アクサの「外貨建て」の変額終身保険 アップサイドプラス

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

アクサ生命

アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンク介護プラス

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

マニュライフ生命

未来を楽しむ終身保険

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

マニュライフ生命

こだわり個人年金(外貨建)

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

-

マニュライフ生命

未来につなげる終身保険

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型医療保険ランキング1位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型医療保険ランキング2位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型医療保険ランキング3位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型生命保険ランキング1位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型生命保険ランキング2位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

緩和型生命保険ランキング3位

今すぐ見れる!WEBパンフレットをお届け

  • 調査概要:提携代理店の販売実績を集計(ライフプラザパートナーズ / ほけんの相談ショップ / ほけんの110番)
  • 集計期間: 2024年3月〜 2024年5月